学術論文

 エコチル調査からこれまでに分かったこととして、高知ユニットセンターより発表した学術論文をご紹介します。今後も、調査で明らかになってきた結果を順次お伝えしていきます。
 内容については高知ユニットセンターの見解にもとづいてご紹介します。

論文タイトル 内容 掲載年月 掲載雑誌
妊娠中の痛みは容量依存的に母親の産後うつを予測する:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
著者:重松(高知大学)ほか
妊娠中に慢性的に体の痛みを感じることと、産後うつの関連についての研究です。 2022年1月New! Journal of Affect Disorders. 2022 Apr 15;303:346-352.
PubMed
母体の尿中コチニンと胎盤重量および胎盤重量/出生体重比との用量反応関係:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
著者:山﨑(高知大学)ほか
母親の尿中コチニン濃度と胎盤重量および胎盤重量/出生体重比(PW/BW比)との用量反応関係、およびコチニン濃度から判断した母親の喫煙状況と胎盤重量およびPW/BW比との関連についての研究です。 2021年12月 Environmental research. 2022 Apr 1;205:112470.
PubMed
外因性オキシトシンのボンディング(対児愛着)への影響:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
著者:國見(高知大学)ほか
陣痛誘発剤として用いられる外因性オキシトシンと母子の愛着形成との関連についての研究です。 2021年11月 Journal of Affect Disorders. 2022 Feb 15;299:37-44.
PubMed
3歳までの熱性けいれん発症リスクと母乳栄養期間の関連性について:エコチル調査より
著者:満田(高知大学)ほか
熱性けいれんと母乳栄養の関連性についての研究です。 2021年11月 Brain and Development. 2022 Mar;44(3):203-209.
PubMed
回避・制限性食物摂取症(ARFID)に関する保護者向け質問票の開発:4歳から7歳の日本人小児における初期検証と有病率 【エコチル調査の追加調査】
著者:Lisa Dinkler(高知大学)ほか
高知県の参加者を対象に、新たに開発した質問票調査を実施し、小児集団の回避・制限性食物摂取症の陽性・有病率の推定と質問票の妥当性の初期検証をした研究です。 2021年10月 Appetite. 2022 Jan 1;168:105735.
PubMed
ボディーイメージ及び健康への無関心と妊婦の体重増加及び出生児のSGA(small-for-gestational-age)との関連:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
著者:J-P.(高知大学)ほか
”妊婦の体型・健康への関心のなさ”と”妊娠中の体重増加・生まれた子どもの体格”との関連についての研究です。 2021年5月 BMC Pregnancy and Childbirth. 2021 May 21;21(1):396.
PubMed
子どもの出生月と粗大運動発達の関連について(JECS)
著者:安光(高知大学)ほか
子どものお誕生月と粗大運動発達の関連についての研究です。 2021年5月 PLOS ONE. 2021 May 20;16(5):e0251581.
PubMed
妊娠初期のヘモグロビン値が胎盤重量や胎盤重量/出生体重比に与える影響について-子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)より
著者:満田(高知大学)ほか
母親の妊娠中のヘモグロビンの値と胎盤重量、胎盤重量/出生体重比の関連についての研究です。 2020年9月 Placenta.2020 Nov;101:132-138.
PubMed
妊娠中の喫煙と胎盤重量、胎盤重量/出生体重比の関連性(JECS)
著者:満田(高知大学)ほか
妊娠中の喫煙と胎盤重量、胎盤重量/出生体重比の関連についての研究です。 2020年4月 Placenta. 2020 May;94:48-53.
PubMed
妊娠悪阻と産後うつの関係:エコチル調査
著者:Muchanga(高知大学)ほか
つわりの重症度と産後うつの関係性についての研究です。 2020年3月 J Psychosom Obstet Gynaecol. 2022 Mar;43(1):2-10.
PubMed
1歳までの熱性けいれん発症リスクと母乳栄養の関連性について(エコチル調査より)
著者:満田(高知大学)ほか
1歳までの熱性けいれん発症リスクと母乳栄養期間の関連についての研究です。 2019年7月 Brain Dev.2019 Nov;41(10):839-847.
PubMed
妊娠中に受けた暴言による新生児聴覚スクリーニング要精査の増加(JECS)
著者:小森(高知大学)ほか
パートナーからの妊婦さんに対する暴言が胎児の聴覚に与える影響についての研究です。 2019年2月 Child Abuse Negl. 2019 Apr;90:193-201.
PubMed
つわりの程度と胎児の性別、胎児数の関連性について:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)より
著者:満田(高知大学)ほか
妊娠中のつわりの程度と子どもの性別との関連についての研究です。 2018年11月 J Epidemiol. 2019 Sep 5;29(9):340-346.
PubMed
つわりの程度と早産リスクの関連性について:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)より
著者:満田(高知大学)ほか
つわりの程度と早産のリスクについての研究です。つわり症状の強い妊婦さんで早産となるリスクが低下しているかどうかについて調べました。 2018年1月 BMC Pregnancy and Childbirth. 2018 Jun 27;18(1):268
PubMed
日本人女性における産後うつと妊娠前の婦人科系リスク要因(JECS)
著者:Muchanga(高知大学)ほか
婦人科系疾患と産後うつの関連についての研究です。 2017年3月 Journal of Affective Disorders. 2017 Aug 1;217:34-41.
PubMed

・全国で発表されたエコチル調査に関する論文についてはこちらをご覧ください。
(環境省のサイトの「成果発表一覧」に移動します)